建築用語集

ご活用事例

SPE とは…

「特別目的事業体」と日本語訳されている、不動産といった資産を証券化するための事業体を総称して呼びます。「Special Purpose Entity」の略称です。資産(不動産)を保有、運用して得た収益を投資家に分配する役割を果たしています。

「ビークル(SPV(Special Purpose Vehicle)」と呼ばれることもあります。

SPC(特定目的会社)や投資法人等のほか、株式会社、合同会社、任意組合、匿名組合等、形態はさまざまです。信託もその一つと考えられます。

SPEが上記の役割を果たすためには以下の3つの要件が必要となります。
1.得た利益をそのまま投資家に配分できること(導管体としての機能)
2.関係者の倒産等の影響が保有・運用する資産(不動産)に及ばないこと(倒産隔離の機能)
3.資産(不動産)の保有・運用におけるリスクとリターンが透明であること

50音・アルファベット・数字から探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

キーワードから探す

この記事についているタグ

  • 不動産用語集
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
PAGE TOP