建築用語集

ご活用事例

PPP(原因者負担原則) とは…

Polluter Pays Principleの略称です。

汚染者負担原則ともいわれる、環境汚染などに関して、行為によって発生した費用はその発生原因者が負担すべきであるとする規範原則です。
1972年にOECD(経済協力開発機構)が提案し、環境問題に対応するための基本的な考え方の一つとして幅広く受け入れられました。

PPPが適用されると、以下の機能が確保できます。
1.公害など社会的な費用を内部化して、環境資源を効率的に配分すること
2.コストを明確にして国際的な取引の歪みを回避し、公正な競争を確保すること
3.汚染者責任を明確化して、公害対策の正義・公正を確保すること(そのため、汚染防止費用だけでなく、被害者救済費用や環境復元費用の負担を求める)(ただし、この機能は日本で確立したもので、OECDの提案には含まれていない) 

この考え方は環境汚染に関してだけではなく、製品のリサイクル責任を製造事業者等が負う制度等、拡大的に適用されることもあります。また、PPPは環境税導入の理論的な根拠の一つとされています。

50音・アルファベット・数字から探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

キーワードから探す

この記事についているタグ

  • 不動産用語集
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
PAGE TOP