建築用語集

ご活用事例

隠れたる瑕疵 とは…

新築住宅・中古住宅・土地などの売買契約を締結した時点で、買主が知らなかった瑕疵(傷・不具合・欠陥)及び買主が通常では気付くことの出来ない瑕疵のことを「隠れたる瑕疵」と呼びます。

 

 

中古住宅の売買において例をあげてみると、屋根の一部に欠陥があり、引渡し後に雨漏りが発生してしまう。これは屋根の欠陥が「瑕疵」になります。

 

 

売買契約の締結時に買主はこの事実を知らず、また通常要求されるような注意力を働かせてもこの欠陥を発見することは難しかったといえる場合、屋根の欠陥は「隠れたる瑕疵」となります。

 

 

特定物の売買契約で「隠れたる瑕疵」があった場合、売主は買主に対し「瑕疵担保責任」を負わなくてはならないと、民法で定められています。
そのため、瑕疵がある場合は原則、買主が売主に対し、損害賠償を請求する権利があります。

50音・アルファベット・数字から探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

キーワードから探す

この記事についているタグ

  • 不動産用語集
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
PAGE TOP