建築用語集

ご活用事例

JIS とは…

通称ジスと呼ばれており、Japanese Industrial Standardsの略称です。
 
1949年、工業標準化法に基づいて制定された日本工業規格のことをさします。
鉱工業品の種類・形状・寸法・構造等に関する規格で、主務大臣が定めています。
 
これは、工業製品の規格を標準化し品質の改善をはかることを目的としています。
 
住宅に関するところでは、コンクリートやモルタルの原料となる骨材から、窓等のガラス、構造等の各種ボードや下地材、屋根材、エクステリア材、左官材料・塗装材、シーリング材・接着剤・目地材、断熱材・吸音材料等、様々なものが対象となっており、規格に適合した製品にはJISマークが付けられます。

50音・アルファベット・数字から探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

キーワードから探す

この記事についているタグ

  • 不動産用語集
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
PAGE TOP