建築用語集

ご活用事例

印紙税 とは…

課税対象になる契約書や受領証の作成時に課税される国税です。収入印紙を貼り付け消印して納税します。20種類の文書が課税対象となっています。
不動産売買契約書・建築工事請負契約書・土地賃貸借契約書・代金領収書などは課税文書になります。

 

 

印紙税を納めなかった場合
・印紙の貼り付けを怠った場合は納付すべき金額の3倍(自己申告なら1.1倍)課税されます。
・消印を怠った場合は消印を怠った印紙と同額の課税
となります。

 

 

文書の種類や文書に記載された契約金により印紙税額は定められます。
契約などにおいて両当事者が文書を2通作成し両当事者が所有する場合などにはその2通それぞれ印紙税を納付しなければなりません。

50音・アルファベット・数字から探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

キーワードから探す

この記事についているタグ

  • 不動産用語集
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
PAGE TOP