建築用語集

ご活用事例

グループホーム(認知症対応型共同生活介護・介護予防認知症対応型共同生活介護) とは…

認知症と診断され、かつ要介護度1以上で、ホームのある市町村に住んでいる高齢者が共同生活を営む施設のことを言います。

認知症対応型共同生活介護、介護予防認知症対応型共同生活介護とも呼ばれます。

 

2006年の介護保険法改正により導入された地域密着型サービスの一つに位置付けられたもので、落ち着いた雰囲気で穏やかに過ごすことで認知症の進行を遅らせると同時に介護をする家族のの負担を軽減することを目的とした施設です。

グループホームの指定基準は、1事業所当たり共同生活住居(ユニット)が2以下、1ユニットの定員は5-9人となっています。

居室は原則個室で4.5畳以上と定められており、そのほかに居間・食堂・台所・浴室・事務所などがあります。

また介護職員は、常勤がユニットごとに利用者数の3人に対し1人以上、夜間も常時1人以上の配置が定められています。比較的小規模な施設なので、住宅を改修したものや社宅、寮を利用したものが多く、民間事業者やNPO法人などの非営利団体などによって運営されていることが一般的です。

なお、費用については、立地や建物・設備の仕様によって様々で、このほかに介護保険の1割負担の費用が掛かります。

50音・アルファベット・数字から探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

キーワードから探す

この記事についているタグ

  • 不動産用語集
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
PAGE TOP