建築用語集

ご活用事例

グリーン投資減税(建築物に係る省エネルギー設備に関する~) とは…

建築物に係る省エネルギーを目的とした設備を対象にした減税措置のことを言います。

 

減税措置の内容としては対象設備を取得し1年以内に事業の用に供した場合に、所得税・法人税について、取得価額の30%相当額の特別償却および取得価額の7%相当額の特別控除(中小企業者等に限る)のいずれかを選択して適用できることになっています。

ただし、減税措置の対象となる期間は2011(平成23)年度から13(25)年度までの3年前に限定されています。

また、減税措置の対象となる省エネルギー設備は、エネルギー使用合理化設備によりそれぞれの設備が現行の省エネルギー基準を25%上回るものを同時に設置する場合(具体的には高効率空気調和設備、照明設備等)およびエネルギー使用制御設備により省エネルギー効率が全体で5%の改善が見込める場合(具体的にはビルエネルギー管理システム測定装置、中継装置等)と定められています。

50音・アルファベット・数字から探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

キーワードから探す

この記事についているタグ

  • 不動産用語集
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
PAGE TOP