建築用語集

ご活用事例

DK とは…

DKとは、「ダイニングキッチン」の略です。
 
ダイニング(食事をとる場所)とキッチン(台所)が同じ空間にある(=同じ部屋にある)間取りです。
 
K、DK、LDKの違いは広さですが、明確な規定はありません。ただし、「不動産の表示に関する公正競争規約(表示規約)」という不動産広告を規制しているものの中では、広告で「DK」と表記する場合は「食事室兼台所」として使用できる広さと機能を備えていることが必要であると記されている。
 
おおよそ広さの目安として、1DKの場合DK4.5畳以上、2DK以上の場合は6畳以上とされています。

50音・アルファベット・数字から探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

キーワードから探す

この記事についているタグ

  • 不動産用語集
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
PAGE TOP