建築用語集

ご活用事例

DCF法 とは…

対象不動産の価格を求める手法の一つ。不動産鑑定評価における収益をベースとして考えられます。
&nbsp
DCF法は「Discounted Cash Flow法」のことで、頭文字を並べたものです。
&nbsp
「割引キャッシュフロー法」と日本語で訳されることもあります。
&nbsp
DCF法では、対象不動産が将来生み出すであろう各期間の純利益を現在の価値へと換算した後、その現在価値の合計値を資産価格とする方法をとります。
&nbsp
毎期の収益をもとに詳細な計算を行っているため、不動産投資信託では特に、DCF法によって保有不動産を鑑定評価することが原則とされています。

50音・アルファベット・数字から探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

キーワードから探す

この記事についているタグ

  • 不動産用語集
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
PAGE TOP