建築用語集

ご活用事例

あて材 とは…

特殊な性質の材のことをいいます。あて材は、傾いた木や曲がった木のある部分にできています。

あて材は細胞の形や化学成分が正常材と異なるために、反りや狂いの原因となり、利用に際して十分な注意が必要だと言われています。また年輪幅が広いのも特徴です。葉樹の場合は、枝や傾斜した幹の下側に生じ、圧縮応力を受け傾斜面の下側にあてができるので圧縮あて材といい、広葉樹の場合は枝や傾斜した幹の上側に生じ、引張応力を受ける傾斜面上側にあらわれるので引張あて材といわれています。

50音・アルファベット・数字から探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

キーワードから探す

この記事についているタグ

  • 不動産用語集
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
PAGE TOP