建築用語集

ご活用事例

雨水浸透阻害行為 とは…

「特定都市河川浸水被害対策法」に基づき制限されている。雨水の浸透を妨げる可能性があるとして、実地するには都道府県知事の許可を必要とする行為のことです。

 

 

許可を必要とするのは次の3つが該当する場合です。

 

 

1.行為に関わる面積が1000㎡以上である。
2.特定都市河川の流域内での行為。
3.宅地などにするための土地区画形質の変更・土地の舗装・排水施設を伴うゴルフ場などの設置・ローラー等による土地の締め固めなど。

 

 

特定都市河川流域では雨水浸透阻害行為に伴い設置した雨水貯留浸透施設の機能を阻害する行為も許可が必要とされます。
保全調節池の埋め立てや敷地での建築物の新改築も届出が必要とされています。

 

宅地建物取引の営業ではこれらは重要事項の説明の対象となっています。

50音・アルファベット・数字から探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

キーワードから探す

この記事についているタグ

  • 不動産用語集
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
PAGE TOP