建築用語集

ご活用事例

悪意 とは…

法律上で「一定の事実を知っていると悪意」「一定の事実を知らないと善意」とされています。

 

律上の善意・悪意は道徳的な意味合いではなく、一定の事実を知っているか、知らないかという状態です。これは民法などの規定で事実を知っているか否かにより行為の効果に違いが出てくるためであり、一般的には悪意の場合は不利なことが多い。

 

 

不動産売買を例にあげると、AからBへ土地を虚偽で売却し登記したときはAB間の取引は無効になる。しかし、この登記済みの土地をCが買収した場合に、CがAB間の取引が虚偽であると認識していた(悪意)場合には、ABはCに対して当該土地の所有権移転の無効を主張することができる。しかし、Cが虚偽であると知らなかった(善意)場合にはこの主張はできない。

 

 

このように「善意」である場合と「悪意」である場合には、法律で受けうる保護が違ってくるのである。

50音・アルファベット・数字から探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

キーワードから探す

この記事についているタグ

  • 不動産用語集
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
PAGE TOP