建築用語集

ご活用事例

6m道路指定区域 とは…

6m道路指定区域とは、特定行政庁(原則として人口25万人以上の市の長)に認められた区域指定のことをいいます。
&nbsp
原則として、建築基準法第43条1項「接道義務」において「建築物の敷地は、幅員4m以上の道路に2m以上接しなければならない」と定められていますが、良好な市街地環境の形成と土地の高度利用の実現を図るために必要であると特定行政庁が判断し、且つ都市計画地方審議会が審議の上同意に至った場合は、前面道路を6m以上とする区域を指定することが認められています。
&nbsp
この区域内では幅員6m以上が道路として取り扱われ、道路の中心線から3m(避難や通行の安全に支障がない場合2m)が道路境界線とみなされます。

50音・アルファベット・数字から探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

キーワードから探す

この記事についているタグ

  • 不動産用語集
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
PAGE TOP