建築用語集

ご活用事例

5%ルール(不動産の流動化における) とは…

このルールは日本公認会計士協会が定めたもので、2000(平成12)年7月に公表されました。特別目的会社に不動産を譲渡することにより当該不動産を資金化する場合の会計処理に当たって、その取引が不動産の売買か、金融取引かを判断するためのものです。
&nbsp
流動化する不動産の譲渡時の適正な価額(時価)に対するリスク負担の金額(劣後部分)の割合が、約5%程度以内の場合、リスクと経済価値のほとんどが移転しているとみなされ、この場合は売買取引(真正売買)扱いされると定められました。
&nbsp
なぜこのようなルールが必要かというと、不動産を譲渡した後も譲渡人が当該不動産に継続的に関わり続けるような場合には、その実態は譲渡担保(資金の供与を受ける取引)と変わらず、当該不動産を譲渡人の倒産等から隔離できないからです。
&nbsp
これによって、会計処理上不動産の売却と認められるためには、リスクと経済的価値の大部分が投資家に移転する必要があることが明確にされました。
&nbsp
また、譲渡人の子会社である特別目的会社を譲受人として流動化する場合には売却取引として会計処理することはできないとされています。
&nbsp
一方、いったん特別目的会社に不動産を売却し、改めて当該不動産を賃借する場合には、適正な賃借料を支払うという条件を満たせば真正の売却として取り扱うことができます。
&nbsp
ここで「5%ルール」について1点注意しなければならないことがあります。
&nbsp
それは一般的な証券取引ルールの一つである、株券等の大量保有の状況に関する開示のルール(公開会社の発行済株式総数の5%を超えて実質的にその株式を取得した者は、原則として、取得日から5日以内に大量保有報告書等を提出しなければならない)を意味するものと、不動産の流動化における5%ルールとはまったく異なる、ということです。

50音・アルファベット・数字から探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

キーワードから探す

この記事についているタグ

  • 不動産用語集
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
PAGE TOP