建築用語集

ご活用事例

4号物件 とは…

木造2階建て住宅で延べ面積500m2未満のものや木造平屋建ての住宅などがこれに当たります。
&nbsp
主に建築基準法20条4号において定められた区分による、1号~3号物件以外の、原則的に構造計算が不要な、小規模な建築物が該当します。
&nbsp
2006年(平成18年)6月に建築基準法の改正が行われ、2007年(平成19年)6月に施行された、小規模な建築物に関する確認審査に大きな変更はなく、政令で定める技術基準(耐久性等関係規定)に適合しているかどうかが、建築確認では審査されます。
&nbsp
ただし、「許容応力度計算+層間変形角、剛性率、偏心率の確認」等で構造計算を行った場合は、都道府県知事が指定する構造計算適合性判定機関等の構造計算適合判定を受ける必要があります。
&nbsp
また「時刻歴応答解析」を行った場合は、国土交通大臣が指定する特定性能評価機関による構造計算の評価を受けることが義務付けられました。

50音・アルファベット・数字から探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

キーワードから探す

この記事についているタグ

  • 不動産用語集
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
PAGE TOP