建築用語集

ご活用事例

あんどん部屋 とは…

窓や開口部がなく、外部から光が入らない部屋のことです。
 
現在の建築基準法では、天井の高さが210cm以上、窓の面積が部屋の1/7以上を「居室」と決定しており、窓がないあんどん部屋は「居室」とは認定されませんが、「納戸」や「サービスルーム」として、物件の間取りなどでは表示されています。
 
「納戸」や「サービスルーム」も、入り口を全面引き戸にするなどの工夫を行えば、採光や通風が得られ、書斎や家事部屋として活用することができるでしょう。
 
名前の由来は、江戸時代、薄暗い布団部屋のことをあんどん部屋と呼んでいたことにあり、遊里では代金を払えないお客をあんどん部屋に閉じ込めておくこともあったそうです。

50音・アルファベット・数字から探す

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

キーワードから探す

この記事についているタグ

  • 不動産用語集
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
  • 不動産取引の本
  • 不動産広告
PAGE TOP